m_____m___mmのブログ

人生をお得にするTips! 多分読んだら頭が良くなる

【メガ割】顔の毛穴とニキビをぶっ潰す!

顔の毛穴問題、お肌の治安問題は人類の永遠の課題とも言える。メガ割で入手できるものでお得に顔の治安を取り戻したい!というそこのあなた、必見です。

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)

 

 

【ニキビをぶっ潰す!】

CNPインビジブルピーリングブースター:導入化粧水

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)

BLANC(ブラン):化粧水

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)

ONE THING(ワンシング):化粧水

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)

ANUA(アヌア):化粧水

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)

※化粧水は相性に個人差があるため、当たるまでガチャを引いてください

【毛穴をぶっ潰す!】

ビタミンドロップ:美容液

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)

ワンデイズユー ヘルプミーダクト トナーパッド:朝に顔を拭くパッド

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン)

使用感

ニキビ編

彼氏がニキビをぶっ潰そうとこれらを試している。2年前と比べると目に見えて肌が平らになっている。ニキビができてもそんなに長引いていない気がする。明らかに肌のトーンが上がった。

毛穴編

私は肌が人よりも白いために毛穴が目立つ目立つ。ビタミンドロップを1日2~3滴、鼻周りに塗っていたら1ヶ月でちゅるぺかに。ガチですごい。朝にトナーパッドで拭くと鼻のざらざらや油が消える。ほんとにすごい。

毛穴を消し去りたい人集合!!

肌が綺麗な分、毛穴が目立つのはあるある。どうにかして抹消したいと色々なスキンケア品を試した結果、最適解に辿り着いたかもしれないので共有。

 

 

使ってるもの

 

これを朝晩2滴、鼻・小鼻・頬の付け根に塗り込めば勝利。

彼氏が持っていたので使ってみて1週間、1/3の毛穴が身を潜めだして革命すぎる。

eBay公式ショッピングサイト Qoo10(キューテン) の方が安い時もあるので参考までに。

 

めちゃくちゃ効果出ると噂の

これも今度から試してみてレビューする予定。

濡れたら臭くなる洗濯物のリセット方法を発見したぞ!

いつの間にか洗っても臭いままの洗濯物、洗濯機が原因だと思って洗浄しても何も変わらない…。

実は洗濯物自体に原因があったらしい。

 

一家にこれ一本

 

オキシクリーン 500g

オキシクリーン 500g

  • OXICLEAN(オキシクリーン)
Amazon

これらは漂白剤の一種だけど、少量お湯に溶かして使うのであれば、濃いものでも色落ちはしない(実験済み)。

方法

40~60度のお湯を漬け込む洗濯物の量に合わせて溜める。

4L/1杯を目安にオキシクリーンをお湯に溶かす(溶けにくいし少なめでいい)。

十分に溶かしたら洗濯物を漬け込んで3時間〜一晩くらい放置。

つけ終わったらそのまま洗濯機に入れて洗濯。

 

これで嫌な匂いが取れるのでやってみてね。

水2リットル飲むの正直ムズいよね?

健康や美容のために水を毎日2リットル飲むことがSNSで推奨されまくっているけど、正直ムズい。

 

 

なんで水?

よくお茶やジュースはどうなんだ?という話が出るけど、「水分補給」に向いているのは水(しかも常温)と経口補水液スポドリくらいなんだよね。お酒を飲んだら同量の水も摂取しないと脱水症状が出ると言われるように、他の飲料は今回の目的にはそぐわないんだよね。

いっぱい飲んだらどうなる?

水中毒は常軌を逸した量を短時間で飲まなければならないから安心してほしい。

毎日1リットル飲んだら4週間、2リットルなら2週間、4リットルなら1週間で体の中の水分が入れ替わるって言われてる。つまり、排泄に伴って体の中の老廃物系をどんどん外に出していくことができる。だから健康美容ダイエットで特にプッシュされているってワケ。

実際飲んでみたら

むくみが改善される、体調がいい、寝起きの口が臭くない、体重が落ちやすくなる、肌にハリが出る、ダイエットや筋トレの効果が出やすくなる、快便といろんな効果を実感している。

2L達成のために

家の中であれば大きなコップを用意して目につくところに置く。そして気付いたり喉が渇いたら速攻飲む。トイレやお風呂の前後にも普通のコップ1杯程度は飲むように心がけると結構飲める。

でも外だと難しい。2Lのペットボトルを常備できるならそれに越したことはないけど。現実的かつそこそこ機能的な方法としては「タイムマーカー付きの水筒」を推す。メモリが目安になってくれるから計画的に飲みやすい。

 

最後に

水を飲み続けると基礎代謝も新陳代謝も良くなってマジでいいのでオススメ。一緒に頑張ろうな。

全然参考にならない私の就活の話

絶対に参考にしないで欲しいし、するべきじゃない私の就活のスケジュールを、おまけ的な位置づけで出しておきます。

 

※私はノンサー・ノンゼミ・地方国立文系ですが、コミュ力と顔は強いです。

 

大学1年生

7月

長期インターンにコネで参加。

10月

長期インターンぼちぼち終わり。

大学2年生

10月

今のバイトを始める、なんかガクチカになるくらい強いことをした。

大学3年生

5月

就活だ〜、インターン探さなきゃ〜と、とりあえず「インターン」で検索してワンキャリアが出てきたので登録。インターン募集を眺める。

7月

短期のインターン?的なものに1回参加するも、夏だからまだみんなやる気なくておもんなかった。長期インターンやったしいいやということで放置。

11月

インターンを見てみるも興味なし、合同説明会をたまに見ていた。

2月

たまたまワンキャリアから流れてきた求人で今の企業の募集を知る。ええやん、ということでエントリー。

ESとSPIを通過し、一次面接へ(面接のよく聞かれる項目をリサーチして全部解答を作った上でアドリブで話すのがコツ)。

3月

二次面接とOB訪問をした。他の企業のESとSPIがダルすぎて4ぬ。4社出した、えらい。

4月

最終面接を通過。その後の面談?面接?にて内々定を貰う。大勝利😁

他4社は辞退。気持ち良すぎる。

 

以上、参考にしてはいけない就活スケジュールでした。

就活のスケジュールをイメージしよう。

就活はタイミングを逃すとあっという間にチャンスが消え去ってしまう。

逆に、今から就活のスケジュールに具体的なイメージをもっておくと、ガチ勢のような戦闘力を手に入れられる。まあ、見てみて損はないはず。

 

 

大学3年生

4月

この時期に就活サイト(例:リクナビ・ワンキャリア等)に登録していると無敵

合同企業説明会、就活サイトなどを見て、希望職種や希望業界を何となく決める

SPI問題集を解く

5月

インターン・長期インターンに応募

6月

インターンの選考

7〜8月

インターンに参加

9月

インターン参加者限定の座談会や早期選考があったり…

この頃から本格的に就活を意識して、自己分析や業界分析を進める

OB訪問など

10月

就活サイトや様々な説明会を参考になんとなく企業を絞る

自己分析を通して自己PRやESを練りだす

SPI問題集を解く

11月

ES、ガクチカなどを添削してもらいつつ、業界分析を完了させ、だいたいのエントリーする企業(2桁社)を決める

希望企業のOB訪問をする

12月

就活サイトや自社HP、説明会参加などで企業研究を進める

インターン・長期インターンに応募

SPI問題集を解く

 

早期選考が始まる(伊○忠、De○Aなどエントリー開始)

1月

インターンの選考

企業説明会に参加

面接練習

ESのパターンを作る

SPI問題集を解く

 

早期選考(IT系エントリー開始、G○○gle・L○NEなど)

2月

インターン参加

企業説明会に参加

ESを完成させる

面接練習

SPI問題集を解く

 

早期選考(面接)

3月

1日から就活解禁

大体1〜2週間のスパンでES・SPIの締め切りが同時にくる
1社出したら次、リサーチとESを社風に合わせる作業が永遠に続く(病みがち)

基本的に締め切りを逃すと来年までエントリーはできないので、スケジュール管理能力が問われる

面接練習も必要

 

早期選考最終面接・内定

大学4年生

4月

エントリーラッシュの日々(前半まで)

お祈りや次回選考案内メールが届く(病みがち)

面接の本番が始まる

早いと4月中に内定するが、大企業だと選考人数が多いために行っても二次面接

5月

面接・最終面接ラッシュ(病みがち)(最終面接で半分落ちる)

半分かそれ以上の人は内定を獲得する

 

公務員試験が始まる

6月

特に総合商社の一般職の募集が始まる

内定辞退の枠を埋めるために二次募集がなされるが、もちろん一次募集より厳しい選考となる

大抵この1ヶ月で選考が終わり、大半の人が内定を獲得、内内定によって入社を決める

 

公務員試験・面接ラッシュ(病みがち)

7月

二次募集や一般職の内定が出る

三次募集?

 

公務員面接ラッシュ

8月

三次募集?

 

公務員内定

9月

三次募集?

10月

ほぼ全員が内定を獲得

全ての企業の選考が終了する

内定式?

 

こんな感じで就活は進んでいく。早期選考の方が大手企業かつ選考のスピードが速いために病みにくい。行きたい企業があったら挑戦してみよう。